サーバーのパソコンを変えただけでも

パソコンとサーバの関係について

サーバーのパソコンを変えただけでも パソコンと、サーバの関係は普段意識することはめったにないと思います。パソコンをスタンドアローンで使用する分にはサーバーはいりません。パソコンという枠の中で完結しています。ひとたびインターネットに接続すると必ずサーバーが必要となります。インターネットのような大規模なものでなくても、個人でファイルサーバーやインターネットサーバーを構築する場合もあります。最もシンプルなのがファイルサーバーです。パソコンとLANケーブルや無線LANなどで接続してネットワークを作ります。パソコンからサーバーへデータを保存したり読み込んだりするこができます。ファイルサーバーの必要性はデーターの安全性の確保とほかの人とデータを共有することがあげられます。
パソコンどうしをピアツーピアでつなげばサーバーは必要ありません。小規模な例えば家庭内LANで、家族間とか自分ひとりで使う分であれば問題なく運用できます。ですが会社で使う場合はそうはいきません。セキュリティの問題や運用管理のしやすさを考えれば社内サーバーを置いた方がよいです。ひとつのデータをみんなで更新していく場合を考えると、それぞれのパソコンにデータがあるとどれが最新のものか分らなくなります。データの同期をとるためにはひとつの保存場所を設定する方法がシンプルです。データの整合性を保つためにデータを同時に更新できなくすることも大切です。これは排他処理と呼ばれています。データひとつをとってもファイルサーバーが重要な役割をはたしていることがわかります。

おすすめリンク

Copyright (C)2022サーバーのパソコンを変えただけでも.All rights reserved.